啓蒙思想のフランス革命への影響とは?

啓蒙思想はフランス革命にどのような影響を与えたのですか?

啓蒙思想は18世紀を通して成長し、人々の中の超自然的な枠組みを破壊し合理的・科学的精神を育て、それがフランス革命の土壌となったことは言うまでもありません。

 

とりわけ啓蒙思想家であるルソー(1712〜78年)やディドロの思想がフランス革命に影響を与えています。

 

ルソーは『社会契約説』に則り、キリスト教的な世界観や王権神授説に支えられる非合理的な体制(貴族制や絶対王政)を批判。

 

「国家とは国民の自由や平等を保障のため契約を結んで形成された共同体であるべきだ」

 

として共和政を主張しました。

 

この考えがフランス革命の精神的な支柱となり、絶対王政の打倒、史上初の共和政の成立に繋がっているのです。