フィンランドの国名の由来

フィンランドの正式名称はフィンランド共和国。この国が共和制を採用する主権国家であることを示しています。

 

国名の変遷

フィンランドには8〜11世紀にかけてフィン人の居住地でしたが、12世紀から18世紀までスウェーデンに支配されていました。19世紀初頭にスウェーデンがロシアとの勢力争いに敗れた結果、フィンランドはロシアの支配を受けるようになりますが、ロシア革命(1917年)でロシア帝政が倒れたのを機に独立を達成しました。

 

「フィンランド」の語源

「フィンランド」の語源には諸説ありますが、有力とされているのは、「フィン人の国」という意味で「フィンランド」と名付けられた説です。フィン人は紀元前からこの地域に住んでいたとされるフィンランド人の祖先で、時代が下るにつれてスオミ人・ハミ人・カレリア人に分かれていったといわれています。

 
ページの先頭へ戻る