ポーランドにおける東欧革命(民主化)

冷戦末期、ポーランドでは食品価格のインフレとそれにともなう食糧不足・貧困で、疲弊した国民の暴動・素虎喜が多発していました。

 

暴動鎮圧に出動した軍隊との衝突で死者が続出しようと、東側共産主義国で初の自主管理労働組合「連帯」のもと、反政府運動止まりません

 

歯止めの効かない抗議運動を前に、譲歩せざる得なくなった政府は、円卓会議による合意に基づいて、1989年6月初めて自由選挙を実施します。

 

その結果社会主義のポーランド統一労働者党は惨敗し、非共産の「連帯」が政権を獲得。ポーランド人民共和国は消滅し、現在に続くポーランド共和国が成立したのです。