大航海時代におけるオランダの台頭

 

 

16世紀、オランダはスペインからの独立を果たしたと同時に、海外進出に乗り出し、北アメリカ西海岸や大西洋の島々などを発見しています。

 

さらに1602年には香辛料貿易を目的としたオランダ東インド会社を設立し、1609年、同社に雇われたヘンリー・ハドソンが、現ニューヨークのハドソン川に到達しています。

 

オランダ黄金時代

波にのったオランダはアフリカやインド洋への進出で、独自の交易拠点や植民地を建設。

 

ポルトガルから香料諸島の利権を奪うことでアジア貿易市場を拡大していき、最盛期にはオランダ東インド会社主導で海上帝国を築きあげるまでに成長しました。

 

16世紀末にはイギリス、フランスに並び大航海時代の主役になり、最終的に敗れたものの、17世紀半ばにはイギリスと肩を並べる二大勢力として世界に君臨し、「オランダ黄金時代」を体現していたのです。

 

オランダと日本の交易

オランダはヨーロッパで唯一、鎖国下の日本に取り入り、長崎出島での交易を許可されています。