フランス革命戦争はなぜ起こった?

フランス革命がなぜ起こったのかわかりやすく教えてください。

フランス革命戦争は、フランス周辺諸王国が王政を打倒せしめた革命の波及を恐れて、フランス内政に干渉し始めたこと(例:ピルニッツ宣言)により始まりました。

 

18世紀末というのはまだ、絶対君主が国を統治するのが当たり前の世でしたが、フランス革命で王や王妃がギロチンにかけられたのをみて、周辺諸国の君主は「次は自分の番だ」と戦慄。一丸となって圧力をかけ、フランスの革命勢力を潰そうとしたのです。そしてフランスはこれを受け、干渉の筆頭であったオーストリア(ハプスブルク家)に宣戦布告。革命戦争の口火が切られたのです。

 

なおこの戦争は初めこそ他国からの干渉を排除するための「フランスによる防衛戦争」という性格が強かったのですが、連戦連勝で勢いに乗る革命軍は「自由や平等」という大義名分をかかげ、他国に遠征を繰り返すようになったため、しだいに「フランスによる侵略戦争」に変容していきました。