イタリア統一とドイツ統一の共通点とは?

イタリア統一とドイツ統一の共通点は何ですか?

イタリア統一に関しても、ドイツ統一に関しても、その出発点がフランス革命にあるという点で共通しているでしょう。

 

フランス革命とそれに連なるナポレオン体制構築で、民族意識(ナショナリズム)の高揚が起こり、それは保守反動のウィーン体制下でも沈静化することはありませんでした。

 

そして1848年革命をきっかけに、ドイツではプロイセン、イタリアではサルデーニャ王国主導の統一運動に繋がったのです。

 

ただ異なる点もあります。

 

イタリアは全てのイタリア人地域を併合しようとしたのに対し、プロイセンは普墺戦争の結果、小ドイツ主義に基づきオーストリアを排除したからです。

 

小ドイツ主義に対立する大ドイツ主義というのは、オーストリアを盟主としてドイツ人地域を全て統一しようとする立場で、オーストリアにライバル意識を持つプロイセンはこれを嫌がったのです。

 

大ドイツ主義(オーストリア)は、イタリアにおける民族独立運動を弾圧していた立場なので、イタリア統一運動の進行とともに衰退し、小ドイツ主義に圧倒されていくのはある意味必至でした。