科学革命はなぜ起こった?

17世紀に科学革命が起こったのはなぜですか?

科学革命が起こった背景には、ルネサンス(14世紀〜)・地理上の発見(15世紀〜)・宗教改革(16世紀〜)などによって、ヨーロッパに生きる人々の意識に変化が生まれ、キリスト教により支配される超自然的な世界観から解放されていたというのが大きいでしょう。

 

それまでの科学というのは、錬金術だの占星術だのといった宗教色の強い曖昧なもので、現代基準の「科学」とはほど遠いものでした。

 

しかし17世紀以降、地動説のコペルニクスやガリレオ・ガリレイ、万有引力の法則のアイザック・ニュートン、合理主義哲学のルネデカルトなどが先駆けとなり、観察や実験による客観的なデータ分析から、科学的に物事を思考する文化が根付きます。

 

その結果、科学分野において広く急速な進歩が起こり、後の産業革命の原動力にもなったのです。