ロシアと中国の関係

冷戦時代、中国とロシアは同じ社会主義国でありながら、目指す理想の違いから対立関係にありました。

 

しかし毛沢東主席の死去、ゴルバチョフによるペレストロイカ、中国の市場経済導入を柱にした「改革開放政策」をきっかけに関係は改善に向かい

 

ソ連崩壊・ロシア連邦成立後は建設的・戦略的なパートナーシップの構築で同意し、2001年に友好条約を結ぶなど、その距離は急速に縮まっていきました。

 

ここではそんな中国とロシアの関係を中世時代まで遡り、年代ごとの主要な出来事に焦点を当てまとめています。