オランダの地理的特徴

西ヨーロッパに位置するオランダ(ネーデルラント)の地理的特徴について情報をまとめています。オランダの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

オランダの地形や風土

国境

南部:ベルギー
東部:ドイツ

 

気候

オランダは北海道よりも高緯度ですが北海道より暖かいです。これは暖流の北大西洋海流の影響により、温和な西岸海洋性気候が支配的なためです。

 

またオランダといえば「風車」をイメージする人も多いと思いますが、この国で風力発電がさかんなのは、「北海からの強風」という気候的特色を背景にしています。

 

北部・西部が北海と接しています。そしてオランダの国土の大部分は海面下にあり、「ポルダー」と呼ばれる干拓地が占めているのは最大の地理的特徴といえるでしょう。

 

河川

主要河川はライン川

 

オランダ最大の湖はアイセル湖で、1,250 km2と広大ですが、水深は5~6メートル程度と浅いのが特徴です。

 

山・丘

国名が「低地地方」を意味するだけあり、全体的に平坦な地形で、ドイツアーヘン近郊のファールス山(標高322.5m)がヨーロッパにおける最高地点となっています。

 

  • ボネール島
  • シント・ユースタティウス島
  • サバ島