ルーマニアの有名な山一覧

ルーマニアでは国土の中央を王冠を描くようにカルパティア山脈が走っており、同山脈により、国土のおよそ3割が山地になっています。うち14が2000mを超える高山で、標高2544mのモルドベアヌ山が最高峰です。

 

カルパティア山脈

中生代末期のアルプス造山運動により出現した山脈です。ルーマニア領内の山脈は東カルパティア、南カルパティア、西カルパティアに大別され、いずれも豊かな森林(主にマツ・モミ等の針葉樹)に覆われ、熊や鹿、雷鳥、狼、山猫など様々な野生動物が生息する自然保護区になっています。

 

モルドベアヌ山

標高:2544m
位置:南部アルジェシュ県
山系:南カルパティア山脈(トランシルヴァニア山脈)
解説:ルーマニアの最高峰。北側に「ビクトリア」、南側に「クンプルング」と呼ばれる山がある。多くの石炭や石灰石を産出します。