北マケドニアの年表

 

北マケドニア(正式名称:北マケドニア共和国)は、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する共和制国家です。国土はバルカン半島の付け根の内陸部で構成され、気候区は地中海性気候と高山性気候の中間に属しています。首都は古代ローマの遺跡が数多く残る都市として知られるスコピエ。この国ではとくに農業が発達しており、中でもたばこやワインの生産がさかんです。また人件費の安さを背景にした繊維産業もこの国の基幹産業となっています。

 

そんな北マケドニア共和国の歴史は、国名の由来にもなっているアレクサンドロス大王で有名な古代マケドニア王国の時代まで遡ることができます。マケドニア王国は前4世紀に東地中海一帯から中央アジア、果てはインドにまで至る広大な帝国を建設し、北マケドニアの地はその帝国の要地として機能していました。マケドニア王国はやがて古代ローマ帝国に征服され、この地もその支配下に入ります。

 

4世紀のローマ帝国分裂後は東ローマ帝国、次いでオスマン帝国の支配下に入り、第一次大戦後にユーゴスラビア王国の、第二次大戦後にユーゴスラビア連邦人民共和国の構成国として過ごしますが1991年に「マケドニア共和国」として独立。2019年に「北マケドニア共和国」に国名を改名して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんな北マケドニア共和国の歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

北マケドニアの歴史年表

前4000年頃 スコピエにトラキア人が居住を開始
前4世紀 マケドニア王国支配下に
前2世紀 共和政ローマ支配下に
395年 東ローマ帝国支配下に
6世紀頃 南スラブ人がこの地に移住を開始
9世紀末 第一次ブルガリア帝国支配下に
1018年 ブルガリア帝国の滅亡/東ローマ帝国支配下に
1282年 セルビアによる支配下に
1346年 スコピエがセルビア帝国の首都に
1392年 オスマン帝国支配下に
1878年 ブルガリア公国支配下に
1893年 マケドニア革命組織(VMRO)の結成
1913年 第二次バルカン戦争/ギリシャおよびセルビア支配下に
1918年 ユーゴスラビア王国支配下に
1941年 枢軸国による支配下に
1944年 マケドニア社会主義共和国の成立
1963年 スコピエ地震
1967年 マケドニア正教会の創設
1991年 マケドニア共和国として独立を宣言
1993年 国名論争の勃発/国連加盟
1994年 ギリシャによる経済封鎖(〜95年)/日本との国交樹立
1999年 民族解放軍の結成
2001年 マケドニア紛争/オフリド合意
2008年 コソボを国家承認
2019年 北マケドニア共和国に改名
2020年 NATOに加盟/EU加盟交渉開始