アメリカとノルウェーの関係

アメリカとノルウェーは長きにわたり良好な関係を築いています。

 

その関係は古くは中世にまでさかのぼることができ、ノース人ヴァイキング(ノルウェー人の祖先)は北アメリカ大陸に到達した最初のヨーロッパ人とされています。

 

近代以降の関係

1776年にアメリカが事実上独立を達成したことはノルウェーに大きな影響をもたらし、とりわけアメリカ合衆国憲法は1814年起草のノルウェー憲法のロールモデルになりました

 

1825年から1940年にかけては、本土における宗教弾圧を受けノルウェーからアメリカに大規模な移住が行われ、両国の関係はいっそう親密なものとなっていきました。(現在アメリカには450万人以上のノルウェー系アメリカ人が暮らしています)

 

戦後の関係

第二次世界大戦ではナチスドイツに占領されたことで、戦後は長らく維持していた中立を放棄しNATOに加盟。アメリカとの経済・軍事同盟を強めていく方針に切り替えています。

 

アメリカからの経済援助マーシャルプランにより近代化を達成したこともあり、両国の関係は良好です。