デンマーク料理の特徴

デンマーク料理の特徴

伝統的なデンマーク料理の基礎は、産業革命以前に農民料理の普及とともに確立され、産業革命以後の調理技術の向上と多様な食品の流通により、現在に続く多種多様な料理が創出されました。

 

 

デンマークのパン料理

パンはデンマークの主食で、中でもライ麦パンが好まれます。「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドイッチはデンマークの伝統料理で、パンが見えなくんるほどふんだんに具材を乗せるボリューミーな料理です。

 

デンマークの肉料理

デンマークでは肉料理がよく食べられ、ミートボールの「フリカデラ」、ローストポークの「フレスケステグ」などが伝統料理として知られます。また長期保存が可能なソーセージもライ麦パンとともに食べられることが多いです。肉の種類は豚肉が最も好まれます。

 

デンマークのお菓子

ストロベリーパイやアップルパイ(エーブルグロッド)が人気なほか、人気ブランド「アンソンバーグ」筆頭にチョコレート生産でも長い歴史を持っています。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理