アルテミシオンの海戦

アルテミシオンの海戦は、紀元前480年、エウボイア島北端部のアルテミシオン沖で起こった、ペルシア戦争中の戦闘の一つです。アテナイを中心とするギリシア海軍とアケメネス朝ペルシア遠征軍の艦隊が衝突し、両軍の兵力差はギリシア艦333隻、ペルシア艦2600隻と、2000隻以上の開きがありましたが、ギリシア側は巧みな戦術により善戦しています。一方ギリシア側の消耗も激しく、テルモピュレでペルシア陸軍にスパルタ軍が全滅させられたという報を聞き、サラミス島に撤退。戦いはペルシア戦争最大の決戦となるサラミスの海戦へと持ち越されました。

 

 
ページの先頭へ戻る