ソ連崩壊の日本への影響とは?

ソ連崩壊は日本にどのような影響を与えましたか?

第二次世界大戦以降、半世紀近く国際社会をリードしてきた二大超大国の一角が崩壊したことは、日本でも衝撃を持って伝えられました。そして具体的な影響としては、主たるものだと以下のような点が挙げられます。

 

共産主義の衰退

ソ連の崩壊とはすなわち民主化にともなう共産党政権の崩壊ですから、日本含めた世界中の共産主義勢力は衰退の一途を辿っていくこととなります。

 

グローバル化

ソ連崩壊で、東欧諸国は資本主義・自由主義体制に移行。「西側」と「東側」という経済的な分断が解消され、世界市場が一体となるグローバリゼーションが始まりました。グローバル化により国境を超えた国際取引がさかんになり、日本経済に大きな影響を与えました。

 

中国の繁栄

隣国中国がソ連崩壊を受けて自由主義経済にシフトし、目覚ましい経済成長を遂げていきます。中国が非常に魅力的な市場・生産拠点となったことで、日本は大きな経済的恩恵を受けることができました。