冷戦期間でもソ連に旅行できたの?

 

ソ連といえば、冷戦時代の閉じられた未知の国というイメージを持つ人も多いかもしれません。

 

しかし意外と外国人の入国に関してはオープンで、冷戦時代でも、東側諸国の人間はもちろん、西側諸国の人間であっても、ソ連に旅行することは可能でした

 

ソ連が観光客を受け入れるメリットとは?

観光客を受け入れることは、外国に向けてソ連の優位性をアピールする良い機会になりますし、外貨を獲得できるなどメリットも多かったのです。

 

70年代、いわゆる「デタント(緊張緩和)」の時代には、対立関係にあったアメリカ含め、自由主義諸国から観光客が殺到しています。

 

もちろんあちこち自由に行き来できるわけではなく、政府が定めたルートの範囲内の観光に限られていましたが、78年のアフガン侵攻の後ですら、基本的には一般人の入国を拒否するなんてことはなかったのです。

 

ソ連からの海外旅行は不可

なお、その一方でソ連は社会主義国故に優秀な人材の海外流出(亡命)を何より恐れていたため、ソ連人がただの旅行で外国(とりわけ西側諸国)に渡るというのは不可能に近いものでした。