大航海時代がアフリカにおよぼした影響とは?

 

 

15世紀初頭、ポルトガル王により、北西アフリカにおける海上交通・軍事上の要衝セウタが攻略されました。

 

これを皮切りにポルトガル人はアフリカ西海岸の南進を進め、1487年、バルトロメウ・ディアスがアフリカ最南端の喜望峰を発見。

 

続いてバスコ・ダ・ガマが喜望峰を回航してインド航路を発見し、大航海時代が本格的に動き出すことになります。

 

奴隷貿易の開始

15世紀末、クリストファー・コロンブスによりアメリカ大陸が「発見」されました。

 

現地で大規模な鉱山開発やプランテーションが始まったことで、安価な労働力として奴隷の需要が増大。

 

アフリカにて奴隷狩りが大々的に行われるようになり、ヨーロッパ(織物)→アフリカ(黒人奴隷)→新大陸(銀)という三角貿易が開始されました。

 

しかし三角貿易で生まれた富はヨーロッパが独占し、アフリカにもたらされることはありませんでした。

 

当時のヨーロッパ人がアフリカを掠奪の対象としか見ていなかったことは、現代になっても様々な問題として尾を引いています。