タレスとは何をした人?〜哲学の父〜


タレスの基本情報

 

生年:前624年頃
没年:前546年頃
出身:ミレトス
別名:「哲学の父」
功績:「タレスの定理」の発見/イオニア学派の創始

 

タレス(前624年頃 - 前546年頃)は古代ギリシアの哲学者で、「半円に内接する三角形は直角三角形である」という「タレスの定理」を発見した人物として知られています。小アジアのイオニア地方、ミレトス出身で、弁論術や数学、天文学や土木技術など幅広い分野に長けた「万能の人」として七賢人の一人に数えられています。また「万物の根源は水である」としてイオニア学派(ミレトス学派)の開祖となったことから、「最初の哲学者」として「哲学の父」とも呼ばれています。

 

タレスの偉業・功績

ミレトス学派を創始

タレスは万物の根源(アルケー)を究明する自然哲学を中心とするミレトス学派を創始しました。ミレトス学派はミレトスに興ったギリシア最初の哲学の学派で、タレスは万物の根源は「水」だと考えていました。

 

タレスの定理を発見

半円に内接する角は直角であるという定理(通称タレスの定理)を発見しました。タレスはこの定理により、ピラミッドの高さを割り出したことで有名です。