アメリゴ・ヴェスプッチとは何をした人?〜アメリカ大陸を新大陸と証明〜

 

アメリゴ・ヴェスプッチの基本情報

 

ラテン名:アメリクス
誕生:1454年フィレンツェ
死没:1512年スペイン
後援:ポルトガル王マヌエル1世
著書:『新大陸』
功績:アメリカ大陸を新大陸と証明

 

アメリゴ・ヴェスプッチ(1454年 - 1512年)はイタリア・フィレンツェ出身の商人で、アメリカがアジアともヨーロッパとも異なる「新大陸」であると証明した功績で知られています。
アメリカ大陸の発見者といえばコロンブスが有名ですが、彼は自分が到達した土地をアジアだと勘違いしていました。しかしアメリゴは、ポルトガル王の命を受け、ブラジルなど南アメリカを探検し、マゼラン海峡近くまで到達したところで、ここがアジアではなく新しい大陸であると確信。著書『新大陸』の中で新大陸説を提唱したのです。そしてこの説を支持した地誌学者のワルトゼーミュラーが、アメリゴのラテン名「アメリクス」にちなみ新大陸を「アメリカ」と名付けました。