世界恐慌を受けてフランスがとった政策とは?

世界恐慌を受けてフランスがとった政策を教えてください。

フランスは世界恐慌の発生に直面し、フラン=ブロック(金ブロック)と呼ばれる、植民地・友好国の関税を下げ、それ以外の国には高い関税をかける「ブロック経済政策」で国内経済の安定を目指しました。

 

フラン=ブロックは、フランスを中心としたイタリア、ベルギー、オランダ、スイス、ポーランド5か国による金本位制度を維持するための経済協定でしたが、あまり功を奏さず、倒産・失業相次ぐ不景気で、小党分立により内閣が頻繁に交代する不安定な状態が続きました。

 

そんな中、ドイツやイタリア同様にフランスでもファシズムが台頭。さらにそれに対抗する「反ファシズム」の人民戦線が結成され、1936年には人民戦線内閣が誕生しています。