ペルシア戦争はどことどこの戦い?

ペルシア戦争はどことどこの戦いですか?

ペルシア戦争はアケメネス朝ペルシアとギリシア諸都市の連合の間で争われた戦いです。アケメネス朝ペルシアは古代オリエント世界を統一した帝国で、ペルシア戦争というのはこの世界帝国の膨張に対するギリシア諸都市の抵抗に端を発する戦いといえます。

 

なお当時はまだ今の様に「ギリシア」という統一した国家は存在せず、数百という都市国家(ポリス)が並存している状態でしたが、ペルシアという巨大かつ共通の敵を前に、かねてより続いていた内戦も中断し結束したため、事実上「ギリシア」という一つの国として戦っています。

 

その結果、ペルシア戦争は最終的にギリシア側の勝利と終わり、ギリシアは文化的・政治的独立を守ることができたのです。もしもこの時、ヨーロッパ文明の源流たるギリシアが征服されていれば、ヨーロッパの歴史は全く違うものなっていたでしょう。