イギリスの地理的特徴

北西ヨーロッパに位置するイギリスの地理的特徴について情報をまとめています。ブリテン諸島を主な国土とするイギリスの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

イギリスの地形や風土

面積

  • 総面積:245,000平方キロメートル
  • イングランドの面積:130,410平方キロメートル
  • スコットランドの面積:78,772平方キロメートル
  • ウェールズの面積:20,761平方キロメートル
  • 北アイルランドの面積:13,843平方キロメートル

 

国境

アイルランド共和国

 

気候

暖流のメキシコ湾流と北大西洋海流がもたらす偏西風の影響で、海洋性気候が支配的で、全体的に温暖です。同じ島国ですが、気温の年間変化も日本ほど大きくありません。

 

西に北大西洋、東に北海が広がっています。

 

河川

ウェールズからイングランドにかけて流れるセヴァーン川が最長です。

 

主な湖としてはモーラー湖、ネス湖、ウォスト湖など。

 

山・丘

国内の高い山TOP10は全てスコットランドにあり、最高峰はベン・ネビス山の標高1,344 mです。イギリスの国土は低地が大半ですが、ティーズ川、エクス川の北西部には山岳地帯や高地が広がり、ウェールズに関しては大部分を山岳地帯が占めています。

 

平野

イギリスは大部分が低地で、海岸よりの平野部では放牧や酪農がさかんに行われています。

 

ルイスアンドハリス/アングルシー島/ワイト島/ラスリン島など