ヨーロッパのアジア進出はなぜ?

ヨーロッパのアジア進出はなぜ?

ヨーロッパのアジア進出はなぜ?

ヨーロッパはなぜアジアに進出したのですか?

ヨーロッパのアジア進出は15世紀より始まりました。

 

ポルトガルが喜望峰回りのヨーロッパ〜インド航路を発見し、ヨーロッパとアジアを結ぶ「香辛料利権」が確立されてからというもの、インドおよび東南アジアはヨーロッパ列強の争奪の的になりました。

 

ヨーロッパ〜インド航路が確立される前は、東地中海経由で香辛料貿易が行われていました。しかし15世紀半ばにオスマン帝国が東地中海の制海権握ってからというもの、同国が交易路に高い関税がかけるようになり商売あがったりです。そこで、その損失を補う血路として大西洋航路の開拓が始まり、ヨーロッパ〜インド航路の発見へと繋がったのです。

 

産業革命以降(18世紀後半〜)は、自国産の工業製品を売ったり、安価な原料や労働力が手に入るの市場として重要視されるようになり、その支配圏は東南アジアを飛び越え大陸(中国)にまでおよぶようになりました。