なぜプロイセンがドイツ統一を達成できた?

ドイツ統一がオーストリアを差し置いてプロイセン主導で進められたのはなぜですか?

神聖ローマ帝国解体後、同帝国を構成していた複数の主権国家の連合体ドイツ連邦が成立(1815年)し、この時点ではまだオーストリアがドイツの中心でした。しかし34年に北ドイツにてプロイセン主導の関税同盟が成立したことで潮目が変わります。

 

ドイツ人は北ドイツの経済的統一が進むのをみてナショナリズムを刺激され、1848年、二月革命の影響を受け三月革命が起こしています。これを受けウィーン体制は崩壊し、体制を主導していたオーストリアに代わり、ドイツの中心はプロイセンに移りったのです。

 

ビスマルクの登場

そして当時ドイツは産業革命に遅れを取っていましたから、イギリスやフランスなど列強に対抗するため「ドイツ統一」を求める声が高まり、その声を受け止めたのがプロイセンのビスマルクだったのです。

 

彼は首相に就任した後、「鉄血政策」と呼ばれる武力による統一を推し進め、オーストリアを盟主とするドイツ連邦を解体、プロイセン主導のドイツ統一を達成した、というわけです。