ノルウェーの地理的特徴

北ヨーロッパ・スカンジナビア半島西岸に位置するノルウェー王国の地理的特徴について情報をまとめています。南北に細長い国土が特徴的なノルウェーの地形や風土は、以下の要素により構成されています。

 

 

ノルウェーの地形や風土

面積

385,207平方キロメートル(日本よりやや大きめ)

 

国境

西部:スウェーデン
北部:フィンランド

 

気候

高緯度のため他のヨーロッパ諸国よりは寒冷ですが、暖流のノルウェー海流(北大西洋海流の延長)により、他の高緯度帯と比べたらはるかに温暖です。

 

北大西洋の内海であるノルウェー海、北海、スカゲラック海峡に面しています。海岸線にはフィヨルドが発達しており、

 

河川

主要河川はオスロ・フィヨルドに流出するグローマ川、トロンヘイムフィヨルドに流出するニド川など。

 

ノルウェーには数多くの湖がありますが、最も有名で最大の湖はミョーサ湖で、湖岸が有数の農業地帯となっています。湖上にはヘルゴヤ島が浮かびます。

 

山・丘

国土の大部分はスカンディナヴィア山脈が占めており、山がちな地形が特徴。山地の平均高度は500m程度とそこまで高くなく、最高峰はノルウェー南部のガルフピッゲン(標高は2,469メートル)です。