革命には流血がつきものというイメージがありますが、名誉革命が無血で実現出来たのはなぜなのでしょうか?

名誉革命は、王政復古体制の中でジェームズ2世が議会無視の専制主義を敷いたことへの、議会の反抗により起こりました。

 

清教徒革命ではチャールズ1世が同じことをして、議会派との内戦の末に処刑されていますが、名誉革命では、議会がオレンジ公ウィリアムに助けを求め、それに応じたウィリアム軍が上陸すると、ジェームズ2世は戦わずしてフランスに亡命してしまったので、同じ運命を辿ることはありませんでした。