ウラジオストクの歴史

ウラジオストクは、ロシア南東部、太平洋・日本海岸に面し、シベリア横断鉄道・北洋航路の終点に位置する沿海州の州都です。ロシア極東艦隊や漁業基地が置かれる極東において地政学的に重要な港湾でもあります。呼称はロシア語で「東方(ウォストーク)を征服せよ(ウラジ)」の意で、地理的に近く関係が深い日本では、かつて浦潮、浦塩などと呼ばれていました。

 

歴史

1860年、ロシア帝国時代に創設された海軍基地に起源を持ちます。1890年代末、シベリア鉄道が通じたことで貿易港として本格的に発展を始め、ロシアの極東政策活性化にともない経済的・軍事的重要性を帯びるようになりました。20世紀初頭のロシア革命期には極東の革命運動の中心地となり、ロシア内戦(1920〜22年)では反革命軍(白軍)を支援するためシベリア出兵に参加した日本軍に占領されています。内戦が反革命軍の敗北に終わると日本軍は撤退し、ソ連の支配下に入りました。第二次大戦後は、ソビエト社会主義共和国連邦の閉鎖軍港になり外国人が立ち入りできませんでしたが、ソ連崩壊後の1992年に解放。ロシア連邦の一都市となり、現在にいたります。

 

 
ページの先頭へ戻る