スペインで食べられるパンの種類と特徴

スペインの主食はパンで朝、昼、夜に食べられています。

 

毎朝、お気に入りのパン屋さんでパンを購入する人、バルで朝食にパンを食べる人など、一日の食事の始まりは焼き立てのパンから・・・というスペイン人がほとんどです。

 

スペインのパンは日本のパンに比べて全体的に噛み応えがあるものが多く、日本の総菜パンのような具入りのパンは稀です。

 

そんなスペインのパンの特徴をまとめてみました。

 

 

小麦、塩、イースト。シンプルな味が基本のスペインのパン

 

スペインのパンは皮がしっかりとしていて、噛み応えのあるパンがほとんどで、噛むと小麦の味わいが感じられます。

 

料理と一緒に食べることが多く、パンをちぎってスープやソースを付けて食べることもあります。

 

パン屋で良く売れるパンが「バラ」と呼ばれる太くて長いパン。外はパリパリ、中は日本のフランスパンよりもやや硬めの食感です。

 

マドリッドでは「ピストラ」呼ばれています。「バゲー」も人気。日本で言うフランスパンで、スぺインのサンドイッチ「ボカディージョ」に使われます。

 

カスティーリャ地方の「オガーサ」はどっしりとした伝統的な丸いパン。身が詰まっていて食べ応えがあります。

 

イタリアのパン「チャパタ」も人気。弾力がありしっかりとした口当たりで「ボカディージョ」にも適しています。

 

全粒粉のパン「パン・イングラテル」は、ゴマや麻の実、ひまわりの種、かぼちゃの種、ドライトマト、ドライオニオン、くるみなどのトッピングがあります。

 

またグルテンフリーのパンや塩を使っていないパンなど、健康志向に合わせたパンも販売されています。

 

カチカチになったパンはおいしい料理に

スペインのパンは硬めの食感のため、翌日にはカチカチになってしまいます。そんなパンをおいしく食べるために考えられた料理が「ミガス」です。

 

カチカチになったパンを水でふやかし、にんにく、オリーブオイル、刻んだ野菜やチョリソーなどの具材と一緒に香ばしくなるまで長時間炒めて食べます。

 

日本で言う、残り物のごはんでチャーハンを作る感覚に近いです。

 

「ミガス」は地方によって具材が異なり、地中海沿岸やカスティーリャ・ラ・マンチャ州ではチョコレートやココア味の甘いタイプもあります。

 

※「ミガス」とはスペイン語で「パンくず」を表し、スペイン中央部や西部の羊飼いたちが、硬くなったパンを美味しく食べるため、上述の調理法で工夫したのが始まりと言われています。

 

観光客にもおなじみ、スペインのパン料理

スペインではいくつかの定番のパン料理があります。

 

ボカディージョ

よく食べられているのが「ボカディージョ」。バゲーの間に生ハムやチーズ、トルティーヤ(スペイン風オムレツ)が挟まれています。スペインの昼食は14時ごろからと遅く、小腹が空いたときの軽食として人気があります。

 

パン・コン・トマテ

「パン・コン・トマテ」は特にカタルーニャ地方で良く食べられているパン料理です。パンにニンニクとトマトを塗り、そのうえからオリーブオイルと塩をふりかけたもので、家庭料理の定番になっています。

 

コカ

「コカ」はスペイン版のピザとも言われる総菜パンのようなもの。パン生地の上に具が乗っていますが、チーズを使っていないのがピザとは違うところです。スペイン東部が発祥のパンで、もともとは無発酵のパンを使っていたようですが、現在では発酵させたパンを使っています。