ソ連というと独裁国というイメージが強いのですが、憲法が存在したというのは本当ですか?

はい。ソビエト連邦には憲法が存在し、1924年にロシア共和国の1918年憲法をモデルに作成されました。その後改訂により1936年憲法(スターリン憲法)、1977年憲法(ブレジネフ憲法)が成立しました。

 

ソビエト連邦憲法はソビエト連邦を構成する社会主義共和国の憲法の元にもなりました。

 

社会主義共和国の憲法には

 

  • 労働者階級による指導が行われること。
  • ソ連共産党に政府と社会に対する指導的役割があること。

 

など共通の条項が存在しました。

 

その他の条項に関しては、表向きは西側諸国の憲法とそう変わらない内容で言論の自由、結社の自由、信教の自由、民族自決などを宣言していました。

 

しかし実際の体制はどの政治的自由が厳しく制限される、ソ連共産党による一党独裁体制であり、この国が憲法が正しく機能していたとは言い難い状態でした。