世界恐慌はなぜ起きた?わかりやすく解説

1929年の世界恐慌はなぜ起きたのですか?わかりやすく教えてください。

1929年にアメリカで株価が暴落したことに始まります。

 

当時のアメリカはすでに世界経済の中心だったため、アメリカが不景気になると、アメリカ経済に依存していた世界中の資本主義国も、引きずられるように不景気になりました。

 

なぜアメリカが世界経済を引っ張るほど大きな存在になっていたのか?

 

というと、アメリカが途中から参戦していた第一次世界大戦での軍事特需によるものです

 

アメリカは戦場であるヨーロッパから離れているために直接的な損害がなかったどころか、武器の輸出などで大きな利益を得ます。

 

さらに戦後もヨーロッパの復興のため輸出を増やし、「永遠の繁栄」と呼ばれるほどの繁栄を謳歌し、いつのまにか没落したヨーロッパに代わり国際社会の首位の座についていたのです。

 

しかし20年代からヨーロッパの経済が回復し始めると、生産過剰な状態になります。それによる農業不況や生産抑止による失業者続出、ソ連の台頭なども相まって、29年の世界恐慌に繋がってしまったのです。