名誉革命

名誉革命は1688年から89年にかけてイギリスで行なわれた革命です。革命というと犠牲がつきものですが、この革命運動では小規模な戦闘は起こったものの、ほぼ無血による革命だったためこのように呼ばれています。「偉大なる革命」とも呼ばれ、王政復古後に起こったピューリタン革命に並ぶイギリス政治の転換点となりました。

 

名誉革命の顛末

名誉革命のきっかけは、ジェームズ2世の強引なカトリック化政策および議会無視といった権力の乱用にあります。その結果、国中で国王に対する蜂起が起こり、ジェームズ2世は国外追放(フランスに亡命)に追い込まれ、議会は代わりにプロテスタントのウィレムとメアリーを共同統治者としてウィリアム3世、メアリー2世として即位させたのです。

 

権利の章典

議会はウィレムとメアリーに王権を厳しく制限する「権利の章典」を提出し、2人はこれに署名・承認し公布しました。その後寛容法を制定し、非国教会のプロテスタントの信仰の自由を認めたことで、17世紀依頼続いた国内の宗教対立および議会と国王の対立に終止符が打たれ、現在に続くイギリス立憲君主制の基礎が確立されたのです。

 

 
ページの先頭へ戻る