古代ローマとローマ帝国の違いとは?

 

古代ローマ」と「ローマ帝国」の違いについて簡潔に解説します。

 

 

古代ローマとは

「古代ローマ」とは、古代ヨーロッパ世界において最強を誇っていた超大国の総称です。紀元前753年、イタリア半島中部の小さな都市国家から、軍事力や経済力を背景に版図を拡大し、前1世紀末には地中海世界全域を支配するにまで成長しました。しかし3世紀以降衰退が始まり、4世紀には国土分裂が分裂、5世紀には西方領土である西ローマ帝国が滅亡してしまいます。この西ローマ帝国滅亡にいたるまでが「古代ローマ」の時代であり、古代ローマが築いた文化的遺産は中世に引き継がれ、ヨーロッパ文明の礎となっていきました。

 

ローマ帝国とは

古代ローマの政治体制は、前8世紀の成立から、後5世紀の滅亡にいたるまでの期間に、王政期(前8世紀〜前6世紀)、共和政期(前6世紀〜前1世紀)、帝政期(前1世紀〜後5世紀)と変遷しています。「ローマ帝国」はこのうちの帝政期の古代ローマのことを指しています。

 

東ローマ帝国

「古代ローマ」は西ローマ帝国の滅亡をもって消滅したとされますが、西ローマ滅亡後も古代ローマの東方領土である東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は、16世紀にオスマン帝国に滅ぼされるまで1000年間存続しています。同国は東西交易の要衝として発展し、ヨーロッパに様々なアジアの貴重な産品をもたらし、中世ヨーロッパ世界の礎を形成しました。

 

神聖ローマ帝国

その後オスマン帝国やロシア帝国などローマ帝国の継承者を名乗る国家が登場しますが、通常は東ローマ帝国の滅亡を持ってローマ帝国の命脈は絶たれたとみなされています。10世紀に東フランク王がローマ皇帝の戴冠を受けて成立した「神聖ローマ帝国」は一応は正式な継承者といえますが、この国は常に小国分立状態のバラバラの国だったので、その実態はローマ帝国とはかけ離れたものでした。