ミトリダテス戦争

ミトリダテス戦争は、前88年から前63年までの三次にわたり、共和政ローマポントス王国の間で行われた戦争です。ポントスは、前4世紀末、アナトリア地方の黒海南岸に建設された国家で、肥沃な土地と豊富な鉱物資源を背景に前1世紀前半には全盛期を迎えていました。一方拡大するローマの影響力を警戒し、前91年の同盟市戦争では反ローマの姿勢を明確にします。そんな中で、前88年ミトリダテス6世はローマの同盟国へ侵略を始め、ローマがこれを口実としてポントスに宣戦布告したことで、ミトリダテス戦争の戦端が開かれたのです。最終的にローマは、第二次では敗れたものの、第一次、第三次で勝利をおさめ、ポントス王国の領土を勢力圏に組み込むことに成功しました。

 

 
ページの先頭へ戻る