ポーランド料理の歴史

ポーランドの料理の歴史は、ポーランドという国の立地に大きく影響されていると言えます。

 

ポーランドは東欧に位置し、北はバルト海、そして時計回りにリトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、スロヴァキア、チェコ、ドイツと国境を接しています。

 

ポーランド固有の料理は少ないものの、近隣諸国の影響を受けてきたポーランド料理の歴史について簡潔に解説していきます。

 

 

中世以降のポーランド料理

ポーランドの料理は肉の煮込み料理が中心ですが、中世以降はトルコやコーカサス諸国との貿易関係より、黒胡椒やナツメグなどのスパイスが手に入りやすかったため、スパイシーな味付けとなりました。

 

また、ポーランドの領土は密林だったため、キノコや、ベリー、ナッツなども豊富にあり料理に多く用いられました。

 

ルネサンス期にはポーランド国王がイタリアの女王と結婚したため、多くのイタリア人料理人もポーランドにやって来ました。

 

そして、彼女は野菜を好んだため、ポーランド料理における野菜の役割を高め、ポーランド料理を変えたと言われています。

 

今日でも人参、パセリ、キャベツなどはイタリアの食材として販売されています。

 

近世以降のポーランド料理

ポーランド衰退期には、大洪水により穀物生産が打撃を受け、ジャガイモが代りに使われ始めました。

 

そして、ドイツ、ロシア、オーストリア・ハンガリー帝国など周囲の国々料理の影響を受け、伝統も受け継がれて行きました。

 

色々な国の食材を取り入れた結果、ポーランドの独自の料理が生まれ、19世紀には現在のバラエティ豊かなポーランド料理が確立されていきました。