「政教分離の原則」の起源はフランス革命にあり?

フランス革命と政教分離の関係を教えてください。

フランスにおける政教分離原則は「ライシテ」といい、その起源は1789年に勃発するフランス革命に遡ります。

 

フランス革命において、反革命の立場をとり、共和制への忠誠を拒否したため、多くのカトリック聖職者が処刑されました。

 

フランス革命といえば反王政、反封建制の市民革命として語られることが多いですが、神がかり的な世界観を否定する「啓蒙思想」の影響を強く受けているので、反カトリックの改革としての性格もかなり強いのです。

 

その後ナポレオンが革命に終止符を打ち、1801年にローマ教皇とコンコルダ(政教条約)を結び、カトリックへの迫害は辞めさせますが、19世紀を通して国家の宗教からの中立を求める声は大きくなり、その結果として成立したのが1905年の政教分離法なのです。