バドリオとは何をした人?〜ムッソリーニ政権の打倒〜

 

バドリオの基本情報

 

本名:ピエトロ・バドリオ
誕生:1871年ピエモンテ州にて
死没:1956年ピエモンテ州にて
任期:1943年7月25日 〜 1944年6月18日
政策:ムッソリーニ政権の打倒/連合国との休戦協定・無条件降伏

 

バドリオ(1871年 - 1956年)は、第二次世界大戦末期、ムッソリーニ失脚にともないバドリオ政権を成立させ、ローマ解放までの混乱期にイタリアの指導にあたった人物です。ピエモンテ地方出身。
彼の本職は軍人で、第一次世界大戦末期に軍再建で名声を高め、20年代から30年代にかけて軍部の要職を歴任しています。軍人時代よりムッソリーニ政権は良く思っておらず、ローマ進軍・エチオピア侵略・スペイン内戦などあらゆる政策に批判的で、第二次世界大戦の参戦にも反対していました。参戦後は陸軍参謀総長として役目を果たしましたが、ムッソリーニとの対立から40年に辞任しています。そして43年には国王と共謀しクーデターを起こし、ムッソリーニ政権を打倒。臨時政府を樹立し、連合国との休戦協定を結んだのち、無条件降伏へと至ったのです。44年ローマ解放とともに総辞職し、政界も引退しました。