啓蒙思想を簡単に解説

啓蒙思想の意味を簡単に教えてください。

啓蒙思想とは18世紀以降ヨーロッパで広まった合理主義的な考え方のことです。

 

合理主義的とは科学的とも言い換えることができ、つまり啓蒙思想とは、今までのように「神のおかげ」とか「悪魔の仕業」のように超自然的な視点で物事を解釈するのではなく、科学的な根拠に則り、論理的に解釈するようにしようとする姿勢のことですね。

 

こういった合理主義的思想が広まった理由としては

 

  • ルネサンスや宗教改革を経て、教会の権威が低下していたこと。
  • 17世紀に「科学革命」と呼ばれるほど科学分野での革新が起こり(ニュートン、ガリレオ・ガリレイなどが牽引)、神中心の世界観に大きな打撃を与えていたこと

 

などの経緯が背景にあります。

 

啓蒙思想家として

 

  • ロック(イギリス)
  • モンテスキュー(フランス)
  • ルソー(フランス)

 

などが有名ですね。