北欧神話に登場する「盲目の神」とは?

北欧神話に登場する「盲目の神」とは、オーディンの息子、ヘズのことです。

 

盲目である理由は語られていませんが、北欧神話において重要なエピソードに登場します。ここでは、北欧神話に登場する「盲目の神」、ヘズについて解説します。

 

 

盲目の神、ヘズの来歴

ヘズはオーディンの息子であり、光の神バルドルとは異母兄弟となります。ヘズとバルドルの間に確執はありませんでしたが、ヘズはある日、ロキに言葉巧みに騙され、バルドルを殺してしまいます。

 

ロキは、バルドルが悪夢を見るようになった際、彼の母親である女神フリッグが、地上のあらゆるものに対して、彼を傷つけないよう誓いを立てさせたのが気に入らなかったのです。

 

ヘズはその後、復讐のためにオーディンが生み出した弟、ヴァーリによって殺されたと言われています。しかしラグナロクのあと、ヘズとバルドルは生き返り、共に新しい世界を作ったともされています。

 

『デンマーク人の事績』によるヘズ

上記の神話はノッリ・ストゥルルソンが著した詩の教本『エッダ』による物語です。

 

しかし、デンマーク人のサクソが『デンマーク人の事績』にて著したヘズは、だいぶ異なった描かれ方をしています。

 

『デンマーク人の事績』に登場するヘズは人間であり、スウェーデンの高潔な王子とされています。

 

許嫁であるノルウェーの王女ナンナを巡って、好色で横暴な半神バルデルと戦うとされており、長い戦いの果てにヘズはバルドルを倒しますが、物語の結末は、オーディンの復讐によって、最終的にはヘズも倒れるというものになっています。