ルーマニアの伝統的なお菓子といえば?

どの食文化においても、お菓子は重要なポジションを占めています。ルーマニアでは、どのようなお菓子が人々に愛されているのでしょうか?

 

ルーマニアのお菓子の特徴

一つの国の中でも、地域によって食文化が異なることがあります。ルーマニアのお菓子に関しても、それは当てはまります。

 

ハンガリーの支配を受けたことのあるトランシルヴァニア地方では、ハンガリー菓子から影響を受けたものが多くみられます。

 

また、首都ブカレストでは、ロシアや東欧の菓子が発展したものや、フランス菓子をアレンジしたものも多くみられます。ここからは、代表的なルーマニアのお菓子を紹介していきます。

 

パパナシ

生地にカッテージチーズを使用したドーナツを、サワークリームとジャムをつけて食べます。ルーマニアを代表する郷土菓子と言っても過言ではありません。その起源は古代ローマ時代まで遡り、古くから人々に親しまれています。

 

クルトシュカラーチ

バウムクーヘンのルーツとも言われている、筒状のお菓子。太い棒にパン生地を巻き付け、回しながら焼いて作られます。表面にはキャラメルがコーティングされており、独特の触感にやみつきになる人も多いのだとか。その形から、「煙突ケーキ」などとも呼ばれています。

 

パンのお菓子

ランゴシは、柔らかい発酵生地にチーズを詰めて揚げたもので、朝の市場でよく売られています。また、プレッツェルに似たコウリギも人々に愛されています。

 

 

ルーマニアでは、様々な国から影響を受けたうえで独自の進化を遂げているお菓子が多く見られます。もしルーマニアに行くとしたら、ぜひとも味わっておきたいですね。