フレンチでスープを飲む際のマナーとは?

フレンチのテーブルマナーの中でも、スープを飲む際が緊張する、まわりの目が気になるという、ハードルが高く感じられるスープのマナー。

 

特に話題になりがちなのが、スープは手前からすくうのか、奥からなのかどっちが正しいのかという点。

 

レストランでは聞きづらい、気になっていたマナーをここで解決しましょう。

 

 

スープを飲む際のマナー

スープを飲む際、こぼさないように気を付けると姿勢が悪くなりがちです。

 

それを避けるための方法としては、スプーンの7?8分目までスープをすくう、スプーンの裏をそっとお皿の縁に当てて滴を切ってから、口に運びます。

 

そして音を立てないようにして、口に流し入れるようにして飲みます。

 

ここでよく聞かれるのがスプーンを動かす方向は、奥と手前からはどっちから? ということです。

 

これは国柄による作法の差ですので、どちらがマナー違反ということもありません。

 

フランス式

奥から手前にすくい、スプーンは自分に直角に向けスプーンの先に口をつけて飲む

 

イギリス式

手前から奥にすくい、スプーンは横向きのままでスプーンの横に口をつけて飲む

 

気を付けたい、NGとされるマナー

スプーンの動かし方はどちらでもマナー違反ではありませんが、スープを飲む際にNGとされる行為は存在します。

 

  • ずるずると音をたてる
  • 残り少ないスープを、かちゃかちゃと音をたてて集めて飲む
  • スープにパンをつけて食べる
  • スープ皿を持ち上げる

 

ただ「タス」とよばれる(フランス語でカップの意味)取っ手つきのカップは、取っ手を持ち、口をつけて飲んでも問題ありません。