フィンランドと中国の関係

フィンランドは1950年にスウェーデンともに中華人民共和国を承認しました。

 

1953年には両国で二国間貿易協定に調印し、以来両国間の貿易関係は急速に進展していきました。

 

とくに情報技術に関する協力関係が確立されており、中国はフィンランド人リーナス・トーバルズにより開発されたオープンソースコードLinuxを重用し、自国IT部門の発展に役立てています。

 

近年中国政府がWindowsへの依存度を下げるために普及推進しているOS「NeoKylin」はLinuxベースになっています。

 

姉妹都市

フィンランドのエスポーと中国上海は1998年以来姉妹都市になっています。

 

エスポーはヘルシンキ都市圏の一都市で、フィンランドで二番目の人口規模を誇ります。