トルコのコーヒー文化の特徴と歴史

トルココーヒーは細かく挽いた豆を長い柄のついた小鍋で煮立て、上ずみだけを飲むスタイルが特徴です。

 

コーヒーを飲みながらソフベット(団欒・談笑)を楽しむ人々の集いの場であるコーヒーハウスの存在など、コーヒーを取り巻く文化が発展してきました。

 

その特徴と歴史を紹介していきます。

 

トルコのコーヒー文化の特徴

トルコにおけるコーヒーは嗜好品の枠におさまらず、人々の生活に欠かせない存在です。

 

コーヒーと切っても切り離せないのがソフベットです。

 

これはただお喋りすることではなく、例えば一つの話題をもとに社会的視点で話をしたり、一方でとんち話をしたり、多方向に繋げていく談笑の仕方です。

 

コーヒーとソフベットを求めて人々が集うコーヒーハウス(カフヴェ・ハーネ)は、文化を育んできた場といえるでしょう。

 

トルコの人々に密着したトルコのコーヒー文化と伝統は2013年、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

トルココーヒー文化の歴史

トルココーヒー文化の歴史は16世紀までさかのぼります。

 

ただその起源については

 

  • 16世紀初頭にアラブ商人がイスタンブール(当時:コンスタンチノープル)にコーヒーを持ち込んだ
  • 同じ16世紀に、コーヒーの味に惚れ込んだオスマン帝国のイエメン知事オズデミル・パシャがイスタンブールにコーヒー豆を持ち込み、スルタンに献上したことがきっかけになった

 

などの説があります。

 

イスタンブールで誕生したコーヒーハウスはコーヒーをふるまう現代のカフェのルーツになったといわれています。

 

当時のコーヒーハウスは豪華なつくりの社交場で、博識ある人々がコーヒーを囲んで議論を交わした場でした。

 

その後、瞬く間に一般の市民にも浸透し、コーヒーを飲みながらソフベットやバックギャモンに興じたりと、人々の交流の場として根付いてきました。

 

16世紀末には600件あまりのコーヒーハウスが軒を連ねたともいわれています。