サンタクロースとは何をした人?〜司教聖ニコラオスの起源〜


サンタクロースの基本情報

 

起源:聖ニコラオス
伝承地:オランダ/アメリカなど
成立時期:4世紀頃
特徴:クリスマスの夜、子供たちに贈り物を配って回る。

 

サンタクロースとは伝説上の人物で、クリスマスの夜に子供たちに贈り物を配って回る、赤い服を着た白髭の老人として知られています。4世紀頃、小アジア(トルコ)におけるリュキアの首都ミラの司教を務めた聖ニコラオスに起源を持ち、子供好きの慈善家であった彼の命日12月6日の前夜に、様々な贈り物をするオランダの習慣がクリスマスの習慣として移行した結果、現代のサンタクロースイメージが成立したのです。「聖(セント)ニコラオス」はオランダ語で「シンタクラース」といい、それがオランダ人植民者によりアメリカに伝わり「サンタクロース」と呼ばれるようになりました。