フランク王国

フランク王国は、西ローマ帝国の崩壊後、北西ヨーロッパに定着したフランク人により建国されたゲルマン系国家です。周囲のゲルマン部族を吸収しながら勢力を拡大し、8世紀末には現在のフランス・ドイツ・イタリア北部にまでまたがる大帝国を築き上げました。9世紀には王国領が3つに分裂し、それがそれぞれ現在のフランス・ドイツ・イタリアの原型になりました。

 

またローマ教会との繋がりから「キリスト教の保護者」の役割を担い、現在の西方カトリック文化圏の基礎を築いたことも、ヨーロッパ史において非常に大きな意味を持ちます。

 

 

フランク王国の社会

構成要因

・フランク人およびその他ゲルマン部族
・旧ローマ系住民

 

経済主体

農業

 

行政制度

伯=グラーフ制度

 

フランク王国の歴史

フランク王国の歴史は、メロヴィング朝時代(5世紀末〜8世紀半ば)とカロリング朝時代(8世紀半ば〜10世紀末)の二期に分けられます

 

メロヴィング朝時代

期間:481年〜751年

 

メロヴィング朝は、クロービスによるガリア統一をもって創始した王朝です。創始者のクロービスがカトリックに改宗することでローマ教会からの後援を得て、王国の基盤を強化し、現在に続く西ヨーロッパ文化圏(カトリック文化圏)の基礎を形成しました。

 

またピレネー山脈を超えてフランク王国内に攻め入ってくるイスラム勢力を、宮宰カール・マルテルがトゥールポワティエの戦い(732年)で撃退し、ヨーロッパキリスト教世界の独立性を守ったことは、ヨーロッパ史でも指折りの偉業として語り継がれています。

 

カロリング朝時代

期間:751年〜987年

 

751年、カール・マルテルの子ピピン3世がメロビング朝を倒し、カロリング朝を創始します。

 

ピピンは756年、イタリア半島のランゴバルド王国を滅ぼし、奪ったラヴェンナ地方をローマ教皇に寄進しました。教皇領というのはこの「ピピンの寄進」から生まれ、またラヴェンナがもともと東ローマ帝国のものであったことから、教皇庁と東ローマ帝国の対立を招きました。

 

ピピンの子カール大帝の治世で急速に勢力を拡大し、800年にはローマ教皇より「西ローマ皇帝」として戴冠を受けたことで、フランク王国は新生西ローマ帝国へと変貌したのです。

 

フランク王国の滅亡

9世紀になると、フランク王国領は、ヴェルダン条約(843年)メルセン条約(870年)により西フランク王国・中フランク王国・東フランク王国に分裂しました。3国のカロリング王家は10世紀末までにすべて断絶し、これをもってフランク王国の歴史は幕引きとされます。

 

フランク王国はキリスト教を受容し、その保護と拡大に努め、分裂後に生まれた三国はそれぞれフランス王国・イタリア王国神聖ローマ帝国へと発展していくなど、その生涯を通して中世ヨーロッパ社会の政治的・宗教的な基盤を形成したのです。

 

 

フランク王国に関する記事一覧

dummy
フランク王国が発展した理由

481年にクローヴィス1世によって建国されたフランク王国。フランク王国は他のゲルマン人国家が次々と滅んでいくなか唯一発展した国となります。なぜ、フランク王国は発展することが出来たのか?その理由について解説します。クローヴィス1世のキリスト教アタナシウス派への改宗発展した最初の理由にクローヴィス1世のキリスト教アタナシウス派への改宗があります。もともとゲルマン人は異端とされていたキリスト教アリウス派...

Read More
dummy
フランク王国が分裂した理由

フランク王国は、最盛期には、現在のフランス、ドイツ、イタリア北部、オランダ、ベルギーなどを含む、西ヨーロッパ全域を支配していました。しかしこの西ヨーロッパの統一というものは、カール大帝と、各地の諸侯の個人的繋がりに頼るところが大きかったので、彼の死後土地の権利をめぐり抗争が勃発します。その抗争の和平としてヴェルダン条約(843年)が締結され、王国領は「東フランク王国」「西フランク王国」「中部フラン...

Read More
dummy
フランク王国とフランスの違いとは?

フランク王国は5世紀後半に建国し、その後、西ヨーロッパの広範囲を支配した王国です。現在のフランスにあたる地域もこのフランク王国の支配下にありました。フランスの起源は、フランク王国の後に成立した西フランク王国とされています。ここではフランク王国とフランスの違いを解説します。フランク王国とは481年にフランク王国最初の王朝であるメロヴィング朝が、クローヴィス1世によって開かれました。クローヴィスの死後...

Read More
dummy
フランク王国が分裂したのはいつ?また分裂後成立した国は?

5世紀末に成立し、西ヨーロッパ地域を支配していたフランク王国は、最終的には3つの王国に分裂していきました。ここではフランク王国がいつ分裂したのか、また分裂後に成立した国を解説します。フランク王国が分裂したのはいつ?カール大帝は当時伝統的に行われていた分割相続のために、生前から子供達にそれぞれ領土を分割し分け与えていました。841年カール大帝の死後、その分割された領土を巡って争いが頻発したのです。相...

Read More
dummy
フランク王国の建国者って誰なの?

フランク王国は481年にゲルマン民族の一派であるフランク人によって建てられました。「カールの戴冠」で有名なカール大帝を輩出しその統治時代(768年〜814年)には最盛期を迎えます。その領土は現在のフランス・ドイツ・イタリア北部を中心に西はイベリア半島、東はオーストリアやスロベニアまでの地域を支配していました。843年にはヴェルダン条約によって西フランク王国・中フランク王国・東フランク王国に分割され...

Read More
dummy
フランク王国って今のどこの国にあったの?

ゲルマン民族のフランク人によって建国されたフランク王国。481年にクローヴィス1世が建国し、カール大帝の時に最盛期を迎えたフランク王国は843年のヴェルダン条約、870年のメルセン条約によって国が分裂しました。この分裂によって出来た国は現在のフランス・ドイツ・イタリアの起源となりました。今回はフランク王国の領土変遷と現在のヨーロッパに与えた影響に関して紹介します。建国当初は小国、最盛期は西ヨーロッ...

Read More
ページの先頭へ戻る