プロタゴラスとは何をした人?〜人間は万物の尺度である〜

デモクリトス(中央)とプロタゴラス(右)

 

プロタゴラスの基本情報

 

生年:前490年頃
没年:前420年頃
出身:トラキア地方アブデラ
別名:「徳の教師」
名言:「人間は万物の尺度である」

 

プロタゴラス(前490年頃 - 前420年頃)は古代ギリシアの哲学者で、弁論術の教育を生業としたソフィストとして知られる人物です。トラキア地方のアブデラ出身で、30歳からソフィストの活動を開始。ギリシア各地で弁論術を教えるようになり、前444年にはイタリアのギリシア植民市トゥリオイにて憲法作成の仕事を任されています。そして「人間は万物の尺度である」というのは彼の有名な言葉ですが、これは「人の認識・評価は相対的なもので絶対的な真実などない」という思想に基づいており、弱い論理を弁術によって押し通すソフィストの道を開いたといわれています。