アレクサンドル3世とは何をした人?〜シベリア鉄道の建設に着手〜

 

アレクサンドル3世の基本情報

 

本名:アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ
誕生:1845年 サンクトペテルブルクにて
死没:1894年 クリミアにて
王朝:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
在位:1881年 - 1894年
政策:臨時措置令/ロシア・フランス同盟/シベリア鉄道起工

 

アレクサンドル3世(1845年 - 1894年)はロマノフ朝第13代ロシア皇帝で、兄ニコライの死により皇太子となり、父アレクサンドル2世の暗殺をうけて急遽即位しました。その性格は軍人気質で典型的な保守反動。議会政治に反対する専制政治ツァーリズムを志向し、「臨時措置令」により革命運動の弾圧に執心したことで知られます。
対外的にはポーランド、フィンランドの同化を強行。ドイツやイギリスとは敵対する一方、フランスには接近し、ロシア・フランス同盟を成立させています。フランスとの同盟で得た資本金によりシベリア鉄道の建設に着手するなど、ロシアにおける工業化の下地を作ったことは重要です。