ウクライナの気候的特徴

ウクライナの気候的特徴について地域別に情報をまとめています。ウクライナは全体的に穏やかな大陸性気候が支配的ですが、地域によってその特色は微妙に変化していきます。

 

 

全体の気候

国土の大部分は、気温の日較差・年較差が大きく、晴れる日が多く降水量が少ない大陸性気候が支配的。とくに黒海沿岸全域は温暖な気候で、年中過ごしやすいことから、古くからリゾート地として開発が進められてきました。

 

クリミア半島南岸の気候

クリミア半島南岸は冬は温暖で降水量の多い多湿、夏は高温で乾燥する地中海性気候が支配的。そのため海岸沿いの都市ヤルタ、ミスホル、アルプカなどは国内屈指のリゾート地となっています。

 

※ウクライナはその温暖な気候から、小麦やトウモロコシをはじめ様々な農作物を産する世界有数の農業大国です。国土面積の7割が農用地として利用されています。