世界恐慌とファシズム台頭の関係とは?

世界恐慌が起こった時期とドイツやイタリアなどでファシズムが台頭した時期は重なりますが、どのような関係にあるのですか?

ファシズムが芽を出したのは、世界恐慌が起きるより前、第一次世界大戦後の1919年からです。この年、ヒトラーがナチスに入党し、ムッソリーニがファシズム運動を開始しています。暗黒の木曜日に始まる世界的な大不況が、その芽を一気に噴出させたのです。

 

世界恐慌が起こると、イギリスやフランスなど「持てる国」は輸出を制限する保護貿易に走り、ドイツやイタリアなど「持たざる国」は生き残りと資源獲得のために軍拡と対外侵略に走りました。

 

戦後しばらく続いた国際協調ムードなど吹き飛び、社会不安を利用して大衆を動員し、反対派を弾圧するファシズムが噴出したのです。唯一世界恐慌に影響を受けなかった社会主義国ソ連の勢力拡大も、それに対抗する手段としてのファシズム台頭を後押ししました

 

特にドイツは20年代から復興の兆しを見せていましたが、再び不況のどん底に落とされています。だからこそ、ベルサイユ体制打破を掲げる、ヒトラー率いるナチスが支持を集めるようになり、1933年に政権を獲得した後は、再軍備からチェコスロバキアの併合、果てはポーランド侵攻と侵略を推し進め、第二次世界大戦の火蓋を切ることとなるのです。