大航海時代におけるアメリカ大陸発見の影響とは?

 

 

1492年のコロンブスによるアメリカ大陸(新大陸)の発見は、ヨーロッパにもアメリカにも様々な影響を与えました。ここでは主な影響をいくつか紹介しています。

 

価格革命

アメリカ大陸には銀山があったことから、アメリカ大陸で採掘された安価な銀が大量にヨーロッパに流入しました。このことで物価が急激に上昇し、「価格革命」と呼ばれる経済秩序の革新が起こっています。

 

コロンブス交換

ヨーロッパ主導の世界の一体化(地球規模の貿易活動)により、トウモロコシや落花生、トマト、タバコといったアメリカ大陸由来の栽培作物が全世界に普及。逆にヨーロッパからアメリカへは牛、羊、小麦などが持ち込まれました。この1492年から続いた様々な植物や作物の広範囲の「交換」とも呼べる現象は「コロンブス交換」と呼ばれています。

 

・感染症の蔓延

「交換」されたのは動物や食物など人にとって益のあるものだけでなく、「感染症」もその1つでした。ヨーロッパ人が持ち込んだ天然痘やはしかにより先住民が激減し、植民地での労働力不足解決のため奴隷貿易が始められています。

 

独自文明の滅亡

ヨーロッパ人によるアメリカ大陸支配と同時にヨーロッパ人の移住も進行し、アメリカは徐々にヨーロッパ文化に染まっていきました。ヨーロッパ人の進出前にアメリカで栄えていたアステカ文明、インカ文明などのアメリカ独自の文明は滅ぼされていきました。