モナコの年表

 

モナコ(正式名称:モナコ公国)は、南西ヨーロッパの 地中海沿岸、フランス南東部のアルプ・マリティーム県に囲まれた地域に位置する 立憲君主制国家です。国土面積わずか2平方キロメートルのミニ国家でもあります。モンテ・カルロ、ラ・コンダミーヌ、モナコ市、フォンビエイユの4区で構成され、気候区は 地中海性気候に属しています。最大の都市は「シャルル3世の山」の意 として知られる モンテカルロ。
この国では古くから国営カジノや海水浴場など観光資源を背景にした観光業が基幹産業となっています。一方で観光依存からの脱却のため、郵便切手、機械、ガラス、陶器などの生産を主体にした工業への転換が図られています。
そんな モナコの歴史は、古代フェニキア人に建設された植民都市から始まるといえます。植民都市には神殿モナイコスが築かれ、国名の由来となりました。その後古代ローマの支配下に入り、古代ローマ滅亡後はイスラム勢力、ジェノヴァ、神聖ローマ帝国、スペインと支配者は次々変わりますが、17世紀のペロンヌ条約でフランスの保護領として落ち着きます。19世紀にはフランスの保護下で独立して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなモナコの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

モナコの歴史年表

前6世紀頃ポカイア人植民地モノイコスの建設
前58年共和政ローマによる支配
476年ゲルマン人による支配
7世紀ランゴバルド人による支配
975年リグーリア人による支配
1191年ジェノヴァによる支配
1215年皇帝派(ギベリン)による支配
1297年モナコ公国の成立
1300年代後半アラゴン連合王国による支配
1419年グリマルディ家アラゴン王国よりモナコを購入
1641年フランスの保護領に
1793年フランス革命軍による支配
1815年サルデーニャ王国の保護領に
1817年大公銃騎兵中隊の設立
1861年フランスモナコ条約
1881年国旗の制定
1911年君主制廃止
1910年モナコ海洋博物館の開館
1918年フランス・モナコ保護友好条約
1929年第一回モナコグランプリ開催
1942年イタリア王国による支配
1943年ナチスドイツによる支配
1962年モナコ憲法改定
1982?年公妃グレース・ケリーの死
1989年モナコ式バランスドアクアリウムの開発
1993年国際連合に加盟
1994年モナコ日本庭園の建設